がん転移もブロック!|お医者さんと歩む健康への道

医者

新しい治療法

男性

潰瘍性大腸炎では現在新しい治療法が登場しています。この治療では、炎症の元となっている白血球を除去して、症状の改善を目指すのです。潰瘍性大腸炎のほぼ7割近くがこの治療で治るとされています。様々なトラブルを避けるためにも治療に際しては医師と相談を重ねることが必要です。

インスリンの治療ができる

病棟

糖尿病は体内のインスリンの分泌が異常になってしまう病気のことです。合併症の心配も多い病気なので、できるだけ医師とともに治療をしていくことが望ましい病気となっています。

自覚症状が無い

治療を終えた方を悩ませるのががんの再発や転移の問題です。日常生活でもできる食事療法などで、少しでもリスクを軽減しましょう。

すい臓がんの発見は難しい

看護師

すい臓がんは早期発見が難しいがんの一つです。自覚症状がないうちに進行します。自覚症状が出た時には手遅れということが一般的になっています。早期に発見すれば手術で患部を摘出することになります。すい臓がんは遺伝子の遺伝という要素もありますが、後天的には喫煙や肥満が原因の一つです。糖尿病や慢性膵炎もすい臓がんのトリガーになります。禁煙や適度な運動が予防に繋がることは間違えありません。すい臓がんは発見した時には手遅れのことが多いのですが、基本的には患部を切除します。しかしながらリンパへの転移が早いためあまり長く生存することはありません。その他には化学療法や放射線療法が行われています。いずれも生存期間を長くするためで完治を認めることはあまりありません。

血液検査で早期発見の可能性

すい臓がんは早期発見が難しいと言われて久しいのですが、最近は血液検査で早期発見が出来ると発表されています。検査の方法としては血液中のアミノ酸を測定するということです。すい臓がん患者と健康な人の血中アミノ酸濃度バランスを測定したところ、膵臓がん患者には健康な人より血中アミノ酸濃度バランスに大きな変化が認められたということです。手術の可能なすい臓がん患者でも信仰の進んだ患者と同じようなアミノ酸パターンを示したということです。今後はこの血液検査を受ければ早期の段階ですい臓がんが発見されることで手術が可能になり、リンパへの転移をする前に切除することが可能になります。術後は化学療法や放射線療法を実施しながら経過を観察することになります。

身体の健康のために病院の口コミ情報をチェックするといいでしょう。そうすることで、人気があるクリニックが分かります。

日常生活の負担を軽減する効果のあるサイバーナイフを行なって治療をしましょう。数日にわたる分割治療ができます。

治療が困難といわれている聴神経腫瘍はコチラの名医の手にかかれば、治りますよ。後遺症を出さないように配慮してくれるので安心です。

予兆と予防を見逃すな

男性

池袋クリニックの癌専門では、様々な癌に合わせて実績があり信頼できる医師が多く在籍しています。気になることや、癌のリスクなどについても聞きたい方は無料相談会などで癌についての理解を深めましょう。